投稿日:

転職活動に役立つツール

納得のいく転職活動を行うためには、下記のようなツールを積極的に利用していくことが大切です。どんなきっかけが就職に繋がるかわかりませんからね。

・転職サイト
転職サイトにはさまざまな求人が出ており、自宅にいながら転職活動ができますので、退職前からスタートできます。評判のよい転職サイトを集めたhttp://看護師求人おすすめランキング.xyz/もありますから、転職サイト自体が決められない場合はこのようなツールを使うのもありです。

・ハローワーク
ハローワーク地域内の求人がたくさんあり、相談に乗ってくれる職員がたくさんいます。履歴書・職務経歴書の添削、面接アドバイスももらえ、ハローワークからの紹介ということで、採用率が高くなります。ハローワークの紹介で転職すると、後から給付金ももらえることがあります。

・新聞での求人欄
新聞にも色々と求人が載っていますが、詳しい内容は企業に問い合わせる必要があります。

・第二新卒の場合は、卒業した大学の就職課
第二新卒は、若く伸びしろがあり、ある程度のビジネスマナーを知っているということで、積極的に採用する企業がふえています。大学に直接求人を出す企業も多く、新卒と同じ条件で採用してもらえる利点もあります。

退職後、ブランクをあけてしまうと、転職自体が難しくなってきます。納得のいく転職先を見つけるために、妥協せずに探し続けることも大切です。

 

就職活動の流れと試験のポイント

就職活動について、応募から採用までの大まかな流れと、各試験のポイントを説明します。
現在はインターネットの普及により、就職希望企業への応募はインターネットから行われるのが一般的になりました。

各企業が採用予定をホームページに掲載しているため、それを確認して応募を行います。また、就職サイトを利用したり、各学校を通して応募を行う場合もあります。

どの企業も、同じ時期に採用を始めるため予定が重なっていないことや、希望企業の情報を見逃さないようにしましょう。

採用までには、書類選考、面接試験、筆記試験など、様々な試験をクリアする必要があります。

まず書類選考についてですが、履歴書は必ず手書きにしましょう。パソコンOKと書いている企業もありますが、手書きが基本です。字がうまくなくてもよいので、丁寧に書きましょう。内容が良くても、雑な字の履歴書は読む側に悪い印象を与えます。

次に面接試験です。多いところでは3回程度行われることがありますが、自己PRや志望動機は必ず聞かれる項目です。

人と同じようなことを言っていては目に留まることはありません。「なぜこの会社に入りたいのか。」、「どんな仕事がしたいのか。」、「したいことはこの会社でしかできないことなのか。」ということにポイントをおいて、対策を立ててみましょう。

面接試験に見事パスすることができれば、採用となります。